奈良の社会保険労務士(社労士)事務所です。奈良・大阪を中心に活動!

社会保険労務士とは(社労士とは)・・・

労働・社会保険に関する国家資格者

労働・社会保険関係の書類作成・手続きを「報酬を得て代行する」事を国家に認められた唯一の存在です。

 

労働・社会保険諸法令に関する法律家

労働基準法、労働安全衛生法、労災保険法、雇用保険法、健康保険法、国民年金法、厚生年金保険法など、経営者及び労働者の身近な制度について、法律家の観点からアドバイス致します。

 

人事労務のコンサルタント

企業の人事労務管理を手助けをする専門家です。

法改正に沿った規程の整備や、企業に最適な人事制度の見直し、トラブルの解決や防止について相談に乗ります。

いうなれば、社会保険労務士は、労働・社会保険諸法令に精通した法律家であり、人事労務に関するエキスパートです。つまり、「企業の安心と成長のための保険」としての役割を担うといえるでしょう。

なぜ社会保険労務士が必要?

1人でも従業員を雇用していれば労働基準法等の法律が適用されます。つまり、労働保険や社会保険の加入やそれに伴う手続き等、さまざまな義務が発生いたします。

社会保険労務士は広い視野と専門知識を駆使し、人事労務面から経営を支援します。

企業の成長を促進する環境づくりのバックアップツールとして、また「ヒト」を雇用するリスクに対する保険として社会保険労務士を活用してみませんか。