奈良の社会保険労務士(社労士)事務所です。奈良・大阪を中心に活動!

【2017年版】これまでに掲載した事業所だより

2017年12月掲載

12月

11月は島根の足立美術館へ行ってきました。紅葉もきれいで、庭園を含めた風景がとても素敵な美術館でした。
横山大観は祖父が大好きな画家で、30年以上前に家族旅行で一緒に行った思い出があります。私自身は芸術に造詣が深くありませんが、迫力というか質感というか、すごいなという部分だけは伝わってきました。
足立美術館のついでに、境港(ついでというには距離がありますが)に回転ずしがあるのですが、久しぶりに立ち寄ってきました。のどぐろをはじめ、ネタがおいしくて楽しみにしていましたので、ようやく食べにいくことができて大満足でした。 周囲は、ゲゲゲの鬼太郎祭りの町ですが、自分にとっては回転すしの印象が強いところです。山陰好きの自分にとって、久しぶりの息抜きになった外出でした。

 

【顧客様へ】

弊社では、年末調整を給与計算事務だけでなく、手続きのチェックに活用しています。住所の変更が分かったことで社会保険の住所変更手続きを行ったり、扶養加入の提案をするなど、本人の申告内容は重要な情報源でもあります。
また、来月はマイナンバーをいただいていない従業員をリストアップして取得を依頼する予定です。
なお、源泉所得税の納付書ですが、今年は給与とともに同封せず、12月下旬に送付させていただきます。源泉所得税を確定させるためですので、特に支給日が月前半の会社は何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

2017年11月掲載

11月

10月は、「ももクロのファンクラブ限定イベント」「笑福亭鶴瓶の独演会」の2回イベントがありました。ももクロは日本武道館、台風の中行ってきました。参加者が40歳以上限定ということで、独特の重い雰囲気と、それに反するような激しいセットリストで、息絶え絶えになりながら叫んできました。
鶴瓶の独演会も、大雨の中、森之宮ピロティホールでした。前半のトークは大爆笑。一方、後半の落語はしんみりするものもあり、前の席の若者など涙をぬぐっていました。そんな楽しみもありつつ、実は歯医者にかかっていました。この年齢になると、虫歯より歯茎のへたり具合からくる痛みのほうが出てくるようです。年齢を実感する出来事の多い月でした。

 

【顧客様へ】

社長からの相談で意外と多いのが、会社の節税対策です。もちろん税理士さんの守備範囲なので、込み入った相談を受けることはありませんが、小規模共済(社長などの退職金の積立のようなもの)や倒産防止共済など、存在を知らないケースや税理士さんから提案を受けたことがないなどの声もあります。
いうまでもなく、こうした掛金は、たとえ全額損金(経費)になるといっても、支払う余力がないと意味がありません。それでも、節税対策以外にもメリットもあることから、検討してもよいかもしれません。この件のご相談につきましては、あまり明確にお答えできないケースもありますので、顧問税理士等に相談いただくほうがよいかもしれせんね。

2017年10月掲載

10月

最近、2月に亡くなった祖父の納骨を終えました。
そのためかどうかは分かりませんが、祖父が大好きだった「なんでも鑑定団」という番組をいつも以上に見る機会が増えました。
思えば生前祖父は、本放送・地上波再放送・BS再放送と週に3日見ていました。そんな美術品・骨董品好きな祖父にもかかわらず、それっぽいものは何も残してはくれていないことも祖父らしいのかもしれません。
私も元来収集癖があったので、老後は骨董品でも集めてみようかなとは漠然と考えながら、番組を見るのが今の楽しみの一つです。

 

【顧客様へ】

あと少しで年末調整の時期がやってきます。
給与計算及び年末調整を委託いただいている会社様は、次の点にご注意ください。
今年入社の方で、今年にもらった前職の給与がある人は、前職の源泉徴収票が必須です。お手元にない場合は、早めに取り寄せていただきましょう。 また、マイナンバーの提出がない人も、本人確認(運転免許証のコピーの提出など)の上で番号記載のものを提出してもらうようお願いいたします。 あと、他の会社とかけもちされている方は、所得税の徴収額が乙欄徴収(多めに税金を天引きして、確定申告で返還されるシステム)となりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
なお、書類の案内は、11月上旬を予定しております。

2017年9月掲載

前月に引続き私事で恐縮ですが、クワガタがあっけなく星となり、新たにハムスターをペットショップから連れて帰りました。いろいろ周って決めたのは、ゴールデンの女の子です(男の子はストレスに弱いとのことでしたので…)。
名前は「ひなた」とつけたのですが、あまりに臆病なのか警戒心が強いのか、なかなか慣れてくれません。2回ほど血があふれるほど噛まれたり、少しの物音で飛び上がったりと、半月慣れない日々が続きました。最近は、手のエサを食べてくれたり、あまり怯えなくなりましたが、なつくにはほど遠い状態です。いつも私が寝るのを待って、ケージ内を暴れています。
まあ、犬や猫みたいになつく動物ではないので、気長に育てていければと思います。ぼーっとした表情には癒されますので…。

【顧客様へ】

今月は、7月に提出した社会保険料の算定基礎届により等級が改定される月です。一部の会社様を除き従業員の保険料の徴収額及び会社の支払額は10月度に変更されます。給与計算受託先につきましては、個々に保険料改定通知を給与とともに納品させていただきますので、ご本人にお渡しください。
また、パートさんで年間収入に制限がある方につきまして、収入見込みが必要な方の確認をお願いいたします。ご主人の扶養の範囲内で働かれている人も多いと思いますが、扶養の範囲が「税金の103万円以内」なのか「健康保険の130万円以内」なのかで変わってきます。事前に依頼のある会社様は、9月中にお知らせいたしますので、よろしくお願いいたします。

2017年8月掲載

最近、クワガタを飼育することになりました。
島根に帰省した知人がお土産物センターで「クワガタ自由にお持ち帰りください」とあることを教えてくれて、つい「いる」と応えてしまったのが発端です。
思えば、小学生の頃は、クワガタ、カブトムシはもちろんのこと、カマキリやバッタ、コオロギ・鈴虫など、あらゆる昆虫を飼っていた記憶があります。机に隠していた木の枝に産み付けられたカマキリの卵が孵化して、家中カマキリであふれた(とても小さなカマキリで、とてもかわいいのです!)ことで怒られたこともありました。
子供を育てることはないままでしょうから、せめて昆虫くらいは育ててみようと挑戦中です。秋になると、密かにハムスターの飼育も予定しています。

 

【顧客様へ】

育児介護休業法の改定に対応した就業規則が、ほぼ届出が終わりましたが、実は10月にもまた改定があります。
(改定内容)

1.原則は子が1歳になるまでの育児休業ですが、保育園に入れないなどの場合は1歳6か月まで育児休業の延長が可能でした。この延長が「子が2歳まで」に延長されます。休業中の本人への給付も、合わせて延長されることになります。
2.会社が、従業員の妊娠や出産を知った場合に、その従業員に対し、個別に育児休業に関する制度や休業後の待遇・労働条件などを知らせることが努力義務化されました。
両立支援関係の助成金にも変更があるかも知れませんね。

2017年7月掲載

奈良にとうとうももクロがやってきました。

100年会館で、肉眼でも見える位置で盛り上がるライブでしたが、やっぱりいちばんの感想は、彼女たちはすごいということです。
歌もうまくなっていて、ダンスとフォーメンションもまじかに見れた、それが奈良県だということで妙にテンションが上がってしまいました。
現在、祖母が長期入院中です。ようやく退院のめどがたちましたが、夜中の転倒が不安なのは変わりません。祖父を亡くして気落ちしているうえに、入院続きでつらいと思います。帰宅したら、できるかぎり話をして、思い出をつくっていきたいですね。デイサービスのほうも受け入れ態勢を整えてくれていて、本当にありがたいなと思うとともに、デイサービスの設立に携わったことが自分の人生を助けてくれている感謝を忘れないでいきたいです。

 

【顧客様へ】

算定基礎届(社会保険料の等級決定のための届出)

今年は算定基礎届の送付が遅かったようです。奈良県外の事業所様は、郵送いただいたりお手数かけております。

4月から6月支給の給与における手当などに変更がある場合は、9月の改定を待たずに早めに改定されることがあります。ご注意ください。

全事業所様

育児介護休業法の改定に伴う就業規則の規程の変更を進めていきます。改定したものをお渡ししていきますので、ファイリングいただきますようお願いいたします。助成金関係で6月以降に本則を改定した事業所様は、同時に改定しております。

2017年6月掲載

今更ながら、かつてヒットした韓国ドラマ「朱蒙(チュモン)」を見ました。祖母が入院し、一人でいる自宅での気分転換と思って見ましたが、やっぱり歴史ものはおもしろいですね。
今の日本では中国や朝鮮・韓国に対する悪感情がネット中心にみられますが、中国や朝鮮の歴史をみると、理解できることがたくさんあります。逆に日本も多文化圏からみたらおかしいところもたくさんあります。歴史を語りだすと終わらなくなるので、チュモンの感想を。
人間ドラマとして熱いです。テソ王子の乱心ぶりや弟王子ヨンポのすべてがうまくいかないところ、チュモンの成長はむろんのこと、ソソノの成長に感動しました。恋愛も商団のトップとしても、国の王妃としても苦悩を乗り越えていく勇気に元気づけられました。

 

【顧客様へ】

住民税の特別徴収(天引き)は、6月支給の給与から金額が変更となります。徴収額の変更とともに、新たな年度分の徴収額を記載した通知書をご本人にお渡しいただきますようお願いいたします。
※給与計算受託先様は、6月度給与の納品物に同封しています。

 

【介護事業所様】
処遇改善実績報告のため、平成28年4月サービス提供分から平成29年3月提供分までの加算額のデータをいただきますようお願いいたします。支給した金額が加算額に足らない場合は、すぐに支給しなければならないため、情報提供よろしくお願い申し上げます。 ※なお、7月は、実績報告書を作成しますので、訪問時に会社印鑑をご用意ください。

 

2017年5月掲載

顧客様の新社屋竣工式に出席いたしました。
そこで思ったのは、一つの会社はたくさんの人(会社)とつながって存在しているという当たり前のことです。
私自身、顧客様に支えられて現在があることを再認識し、顧客様の人事労務に関する手続きをアウトソーシングとして捉えるのではなく、顧客である企業様のオフィスの一員としてありたいと考えております。うさんくさい助成金コンサルタントの安易なキャッチコピーがあふれるDMが乱立する中、企業が安心・信頼できる社会保険労務士事務所として再出発しようという気持ちになれた、情熱的な素敵な竣工式でした。

 

【顧客様へ】

今月は住民税の特別徴収(給与天引き)に関する通知書及び納付書が各市町村から届く予定です。給与計算を受託している企業様は、訪問時に一式お渡しいただくか、弊社まで郵送よろしくお願いいたします。 なお、すでに退職している従業員の通知が含まれている場合には、5月中に普通徴収(直接納付)に切り替えますのでご安心ください。
【介護事業所様】 5月で昨年度の処遇改善加算額がほぼ確定します。実績報告書の作成にはもちろんのこと、支給額が加算額を超えているかの判定に必要ですので、一年度分(H28.4サービス提供分~H29.3サービス提供分)の加算通知をいただきますようお願いいたします。

 

2017年4月掲載

いよいよ新年度となりました。年度末に駆け込んだ助成金申請では驚くほど待たされるはめに(特に大阪)なりましたが、月が変わるとこんどは退職者手続きでハローワークがにぎわいます。同時に人事異動があったハローワークでは、手際が悪くてさらに待たされることもあるので、役所に行く時間には注意が必要です。

さて、新年度を迎え自身も何か始めなければと、「キャリアコンサルティング講習」を受講することにしました。7月から3カ月間、日曜日は大阪OMMビルです。(試験を受けるかどうかは未定です…)。ももクロのライブに重ならないような日程が確保できましたので、個人的に喜んでおります。ちなみに、4月は富士見市でのライブ、6月はなんと奈良、そして7月は大阪のライブに参加予定です。

 

【顧客様へ】

・4月後半より、事務所に新しい人員を迎える予定です。内々の事務(記帳や手続き)とともに、受託している給与計算や手続きなどを任せていきたいと考えています。次月には正式にこの場でご紹介させていただきます。主にメールでの対応で名前が出てくることがあろうかと思いますが、その節はどうぞよろしくお願いいたします。

・年度更新の時期がやってきました。事務組合委託の顧客様は5月、その他は6月に申告です。給与受託のない顧客様につきましては、4月訪問時にデータをいただきたいと思います。改めてご依頼の文書を送らせていただきますので、その際は賃金情報の提供をよろしくお願いいたします。

 

2017年3月掲載

私事ではありますが、祖父が2月初旬に亡くなり、人生で初めて喪主を執り行いました。そのときに、何事も一人ではできないこと、周囲の協力がいかにありがたいかを改めて感じました。そして、自分自身も誰かの・何かの力になりたい、という思いを一層強くしました。祖父もそんな人でした。おじいちゃんっ子だった私ですので、そんな祖父の思いをしっかり継いでいかなくてはいけせん。
さて、介護保険制度では、処遇改善加算の計画を提出する時期ではありますが、今年も2年前と同様に予算等の関係で詳細の決定が伸びており、4月半ばの提出となりました。事業所にとっては事務負担が大きいものですが、職員の定着、士気向上のためには必要な加算算定でもありますので、給与計算受託先に限り届出をお手伝いしております。今月訪問の介護事業所のお客様は、よろしくお願いいたします。

 

【顧客様へ】

2月は、パソコンの故障により一部お客様にご迷惑をおかけしました。今後、予備のパソコンの設置により、急なトラブルにも対応できるようにいたしましたので、よろしくお願い申し上 げます。
上記にあるように、労働・社会保険の保険料率が変更される時期です。健康保険(介護保険)料を翌月徴収している会社は4月支給分、当月徴収の場合は3月支給分からの変更です。
雇用保険料は、4月支給分からの変更となります。給与計算受託先の社会保険料につきましては、改定通知を給与明細とともに納品しますので、よろしくお願いいたします。

 

2017年2月掲載

年明け最初の月は、実はたくさんの書類提出が必要なのです。一度チェックしてみましょう。
・1月の提出期限…忘れていませんか?

  1. 法定調書合計表の提出(→管轄税務署)
  2. 給与支払報告書の提出(→従業員の居住市町村)
  3. 償却資産申告書の提出(→管轄市町村)

変更手続き(年末調整時に変更に気づくことがあるもの)

  1. 住所変更届(→管轄年金事務所又は事務センター)
  2. 扶養異動届(→同上)

12月に支給した賞与に関する手続き(繁忙期で忘れやすいもの)

  1. 賞与支払届(→管轄年金事務所又は事務センター)

【顧客様へ】

・業務管理ソフトによる情報管理の徹底のために、従業員様の社会保険資格等の台帳を行政機関に依頼するための申請書や委任状が必要です。関与前の情報(例えば社会保険加入日や年金番号など)を確認することが目的です。今月から来月にかけて用紙に印鑑を押印いただきたいと考えております。
・4月より請求書の書式をA5サイズからA4サイズに変更させていただきます。領収書は今までどおりA5サイズの予定ですが、請求書についてはA4サイズのほうが使い勝手がよいとの声をいただいたことによる変更ですので、よろしくお願いいたします。

 

2017年1月掲載

2016年は、事務所の移転と自宅の引っ越しという大行事がありました。
仕事面では、ようやく本当の意味で独立開業というスタイルを確立できた一年となった気がします。 特にデイサービスの経営が低空軌道ではありますが安定したこと、人員が育ってきたことも今年の一つの区切りだと思っています。
今年は、「彩(いろどり)」をテーマに目標を掲げるつもりです。「鮮やかに見える」「思いを感じる」「変化していく」そんなイメージでしょうか。ちなみに、私の車の車種は「SAI」といって、彩の音読みと同じです…。 自宅も引っ越しました。手狭な賃貸ハイツなので快適性はありませんが、祖父母の介護のこともあって決断しました。そんな環境の変化の激しい一年でしたが、たくさんの出会いもありました。そんな縁を大切にしながら、今年も一歩ずつ進んでいきたいですね。

【顧客様へ】

情報掲示版にありますように、育児介護休業法の改正に伴い、就業規則(育児介護休業規程)を改定いたします。順次進めていきますので、よろしくお願いいたします。
みなさま年末調整は無事に終わりましたでしょうか。配偶者控除の変更など、税制も今後変わっていくようです。弊社では、給与計算受託先様に対し、今年は「扶養控除(いわゆる103万円の壁)」「寡婦控除や障害者控除」「途中入社の方の前職の源泉徴収票の提出の徹底」を周知啓蒙していきたいと考えています。 年末調整をしっかりやってくれる会社として、従業員さんの信頼を得られるように協力いたします。2017年もどうぞよろしくお願い申し上げます。