奈良の社会保険労務士(社労士)事務所です。奈良・大阪を中心に活動!

気になる【11】の疑問!

【Q-1】 社会保険労務士(通称・社労士)って何をしてくれるの?
社会保険労務士は広い視野と専門知識を駆使し、経営を支援する国家資格者です。
その活動は事務の代行から人事労務面のサポート・リスク管理など多岐にわたります。
詳しくは→「弊社の仕事内容」 へ。
【Q-2】 社会保険労務士とは顧問契約しないといけないの?
その都度業務を請負うスポット契約もあります。

【顧問契約のメリット】
訪問・相談や手続代行など日常発生するほとんどの業務が含まれており、細かな料金の上乗せがない契約となります。委託業務の範囲内であれば、気兼ねなく労務相談や業務 の依頼がしやすいのが特徴。

【スポット契約のメリット】
年間に数回程度しか委託業務が発生せず、従業員数が少ない又はトラブルがまったくな い、総務人事責任者がいるなどの場合や、特別な事態に対する相談ケースでは、スポット契約を活用したほうがコストがかからない。
【Q-3】 税理士(会計士)の先生に頼んでいるから、社労士はいらないのでは…?
よくある質問です。
税理士や会計士は、労働社会保険各法の専門家ではありません。

専門家である開業社会保険労務士に委託するほうが、リスクの少ないきめ細かなアドバイス、法律を活用した助言、タイムリーな提案等を受けることができます。
【Q-4】 商工会に頼んでいるので社労士は必要ないのでは?
あなただけのパートナーを必要としませんか。
一般的な手続依頼、労務相談では問題ありませんが、個人の社会保険労務士(事務所)に依頼することで、あなたの会社の実情を知り、その意向に沿った提案や相談にのってくれるのが大きな違い です。
【Q-5】 就業規則の作成を社労士に頼むメリットは?
就業規則就業規則こそ、専門家である社労士の力が発揮されます。「就業規則コンテンツ」へ
【Q-6】 社会保険料を安くできるというのは本当か?
社労士のアドバイスにより、無駄な社会保険料の抑制や加入対象を削減することは可能です。
具体的には、個別の相談対応となります。
【Q-7】 社会保険労務士がいれば、問題社員をうまく解雇できるか?
解雇は、労働基準法に基づいた手続とともに、労働契約法を中心とした判例法理に沿ったものでなければなりません。
しかるべき順序を踏まなければ解雇が無効と なり、会社にとって大きなダメージとして返ってきかねません。
弊社では解雇せずに円満に対応する方法をアドバイスしています。
【Q-8】 こんなこと社労士に頼んでもいいの?
イレギュラーな依頼の中には、役所の調査対応はもちろんのこと、従業員との面談(立会含む)、従業員への法律等の説明、年金に関する相談や請求、文書の作成な どさまざまなものがあります。まずは一度、お話をいただくことで新たなサービスが生まれる可能性がありますので、なんでも遠慮せず口にしてみることをおすすめします。
【Q-9】 助成金や障害年金の報酬が別料金なのはなぜ?
一般的な手続と異なり、助成金や障害年金の申請は期限があったり、書類が複雑であり、かつ、その内容によって受給の可否が左右されてしまいます。また、国等からの問合せ対応にも時間をとられることが多いのです。そうした手間と難しさからの料金設定だとご理解下さい。
【Q-10】 平城人事労務オフィスに委託するメリットは?
私が介護事業の経営や給与計算事務代行をしているため、人件費を中心により経営者に密着したアドバイスができます。 また、特定社会保険労務士ですので労使トラブル対策に強みを発揮します。
さらに、フットワークの軽さとフェイスTOフェイスの関係構築を目指していますので、身近なパートナーとしてお考え ください。
料金設定も他と比べて決して高くないと自負しています。上記Q&A疑問の解決もおまかせ下さい。
【Q-11】 契約までの流れってどうなっているの?
詳しくは「契約までの流れ」をご覧ください。